よくある質問

参加条件について

eMAXISシリーズを購入したことはありませんが、参加することはできますか?

eMAXISシリーズ購入の有無にかかわらず、どなたでも参加することができます。このコンテストは、仮想資金を使ってeMAXISシリーズに投資していただくことを通じて、インデックスファンドの特性や投資の基本となる分散投資の効用を実感していただくことを目的としています。

リスクタイプについて

リスクタイプとは何ですか?

全応募者のポートフォリオのリスク(バラつき)を集計し、リスクの高い順から「積極型」「中立型」「堅実型」という3つに分類したカテゴリーのことです。詳しくはこちらをご確認ください。

なぜリスクタイプで分類するのですか?

投資に伴うリスク概念を意識していただくためです。本コンテストは運用の効率性を競うものであり、リスクコントロールがポイントとなります。よって、リスク水準に応じて3つのカテゴリーを設定することとしました。

リスクタイプを自分で選ぶことはできますか?

応募期間終了後、当社ルールに則ってリスクタイプを選定いたします。このため応募者の方がご自身でリスクタイプを選択することはできません。また、一度確定したリスクタイプを変更することもできません。ご応募されたポートフォリオのリスクタイプにつきましては2017年5月上旬に、ご登録されたメールアドレスにご連絡いたします。

リターンがマイナスになっても上位10名に入れば懸賞はもらえますか?

リターンのプラス・マイナスに関わらず、各リスクタイプの上位成績者10名の方に懸賞を差し上げます。(同順位で10名を超える場合は抽選で当選者を決定させていただきます。)

応募内容の確認方法について

自分が応募したポートフォリオが現在、何位なのか確認するにはどうしたらいいですか?

2017年5月12日(金)より、全応募者のポートフォリオの「リターン÷リスク」をランキング形式で公表いたします。応募時にご入力いただいたニックネームを掲載いたしますので、ご自身のニックネームを探していただければ、順位を確認することができます。(ランキングページにはニックネーム検索機能があります。)

応募したポートフォリオの内容を忘れてしまいました。確認する方法はありますか?

2017年5月12日(金)より、全応募者のポートフォリオの「リターン÷リスク」をランキング形式で公表いたします。応募時にご入力いただいたニックネームを掲載いたしますので、ご自身のニックネームをクリックしていただくと応募されたポートフォリオを確認することができます。(ランキングページにはニックネーム検索機能があります。)

懸賞の受取方法について

懸賞の受け取り方法を教えていただけませんか?

該当者の方には2017年9月上旬以降に、応募時にご登録されたメールアドレス宛に、懸賞の受取方法の詳細についてご連絡いたします。

eMAXIS取扱販売会社

【銀行】

あおぞら銀行 青森銀行 足利銀行 阿波銀行 大分銀行 紀陽銀行 熊本銀行 山陰合同銀行 滋賀銀行 四国銀行 静岡銀行 ジャパンネット銀行 十六銀行 荘内銀行 常陽銀行 親和銀行 ソニー銀行 第四銀行 千葉銀行 中国銀行 東京都民銀行 東邦銀行 名古屋銀行 南都銀行 八十二銀行 百五銀行 百十四銀行 広島銀行 福岡銀行 福島銀行 北都銀行 北海道銀行 三重銀行 三菱東京UFJ銀行 三菱UFJ信託銀行(インターネット専用) 宮崎銀行 武蔵野銀行 山形銀行 山梨中央銀行 ゆうちょ銀行 横浜銀行 琉球銀行

【証券会社・その他】

岩井コスモ証券 エース証券 SMBC日興証券(ダイレクトコース) SMBCフレンド証券(インターネット専用) SBI証券 岡三オンライン証券 沖縄県労働金庫 カブドットコム証券 九州労働金庫 近畿労働金庫 ぐんぎん証券 GMOクリック証券 四国労働金庫 静岡県労働金庫 証券ジャパン 第四証券 高木証券 立花証券 ちばぎん証券 中央労働金庫 中国労働金庫 東海東京証券 東海労働金庫 東北労働金庫 東洋証券 長野県労働金庫 新潟県労働金庫 西日本シティTT証券(ラップ) 野村證券(野村ネット&コール) 浜銀TT証券 ひろぎん証券 フィデリティ証券 ふくおか証券 ほくほくTT証券 北陸労働金庫 北海道労働金庫 松井証券 マネックス証券 丸三証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 水戸証券 楽天証券

販売会社によりお取扱い内容が異なる場合があります。詳しくは販売会社のホームページ等でご確認ください。